代表的なうぶ毛の処理方法は剃ることです

鼻の下や口周りなど顔の産毛の処理で代表的なものが剃ることと抜くこと。

 

剃って処理してる人が全体に見て多かったです。
手軽に出来て時間がかからないことから剃っている人が増えたのでしょうね。

 

剃る場合に使用するのがカミソリか女性用電動シェーバーです。
2つのメリット・デメリットとしては
カミソリのほうがよく剃れます。
けど、よく剃れることで肌を傷つけるてしまう場合があります。
肌を傷つけてしまうとニキビができてしまったり、肌荒れの原因になってしまいます。
肌を傷つけないためにもカミソリを使う時はできるだけ軽く剃ることが大切です。

 

逆に電動シェーバーの方はカミソリよりも肌を傷つけないで済みます。
女性用電動シェーバーは男性用よりも小型な物が多くあり細かく産毛を剃ることができます。
肌を出来るだけ傷つけないで剃ることが出来るのが電動シェーバーですね。

 

価格的にはカミソリは100円ショップで売ってるくらいですが、
電動シェーバーは数千円から数万円、
ここの違いは使う側にとって大きいです。

 

両方持っていてその時の肌の状態で使い分けるってことをしている人もいるようです。

 

産毛処理の間隔ですが週1くらいが肌に取って良いです。
肌へのダメージを考えるとしょっちゅう剃ることは避けたほうがよさそうです。

 

肌が弱いとか頻繁に剃らなければならない濃さの場合など、脱毛専門エステの光脱毛もお勧めです。
レーザーと違って細い毛でも処理できますし、痛みもほとんどなくなっています。

 

数千円で体験もできますし、無料のコンサルティングなどもあるので、相談して見る価値はあると思います。

 

>>任せて安心な専門の脱毛サロン

うぶ毛を剃る - 口の周りや鼻の下など顔の産毛処理ってどうしてる?関連ページ

うぶ毛処理の準備
鼻の下のうぶ毛を処理をする前に処理の方法を考えて、自己処理するならカミソリとか道具の準備から初めましょう。
うぶ毛を抜く
肌を痛めるのでお勧めできない方法ですが、鼻の下のうぶ毛を抜いて処理している人もいるようです。
アフターケア
鼻の下などうぶ毛は処理した後のアフターケアで肌の状態が大きく変わってきますから、しっかりケアしてくださいね。
処理する?しない?
これはうぶ毛の濃さにもよると思うけど、あなたは処理する派ですか?それともそのまま何もしない派ですか
化粧のりアップ
うぶ毛の処理をすることで化粧のノリも良くなりますし、顔が明るくなりますよ。
フェリエで顔剃り
年齢とともに女性ホルモンが減り産毛が濃くなってきたので、こまめにフェリエで顔を剃っています。